高額料金のサイトは長続きしない

僕は「出会い系サイト」の利用し始めて5年になる男性です。今まで「出会い系サイト」を通して女性とのお付き合いもしてきました。 悪質サイトで金銭トラブルに巻き込まれたり、サクラに悩まされた時期もあります。出会う約束をしたのにドタキャンされたこともあります。 ここでは僕の経験から実際に出会える可能性の高い「出会い系サイト」について述べてみたいと思います。 まず、「出会い系サイト」の有料サイトと無料サイトでは断然、有料サイトのほうが出会える確率が高いということです。 無料サイトでも女性と出会うことはできました。しかし有料サイトのほうが出会える確率は高いです。 なぜなら有料サイトのほうが女性の会員が多く、さらに男性の会員は無料サイトに比べて相対的に少ないので競争率が低いからです。 有料出会い系サイトはメールを送信するのに料金がかかります。メール一通に100円もかかるサイトもあれば、利用料金が月額1000円もかからない安いサイトもあります。利用料金の高いサイトと安いサイトのどちらが異性と出会える可能性が高いのでしょうか? 実は料金がまあまあの高くも安くもないサイトが狙い目です。 利用料金の高いサイトは経済的に余裕のある人でないと継続して利用することが難しいです。もしサクラの罠にハマろうものなら大損害です。逆に非常に安いサイトは男性の利用者も多いので、無料サイトと同じぐらいの女性獲得の競争率が高いのです。 有料サイトで定額料金のサイトはサクラが利用者を留める工作活動をするには安すぎて割にあわないので少ないので、優良サイトは課金サイトよりは定額サイトのほうがよいでしょう。 高額料金のサイトは長続きしないという欠点があります。ですから利用料金は手ごろな値段のサイト、そして定額サイトが出会いを探すにはちょうどいいのです。

出会い系サイトの宿敵「サクラ」

出会い系サイトのサクラでも情報屋のさくらがいます。もちろん雇い主は情報屋ということになります。情報も種類によって値段もいろいろなようです。 情報屋のサクラでも二とおりのタイプがあります。出会い系サイトで男性のプロフィルを見てプロフィルにアドレスなどが載っていたら、そのままいただきます。 次に出会い系サイトの男性にメールを送り、メールの交換をします。そこでバイバイ、情報はありがとうということもあります。 もう一つのとても悪質ですが、男性と出会いサイト内でメールの付き合いを始めます。そして、デートの約束をして待ち合わせ場所まで設定します。 そのときのために携帯の電話とあどれすを教えあいます。その前にいろいろなおしゃべりの中で住んでいる地域や会社などもできるだけききだしておく。 そして、デートはそのまま、さようならということになります。もちらん、そのときに前彼に会ってしまって、彼と付き合いますとかなんとか理由を付けることで男性はあきらめるわけです。まさか情報屋とはそのときは思わないでしょう。 そんないろいろな情報となると、情報屋でもちょっとおいしいものになるわけです。 この手のサクラは無料サイトの方が多いようです。このようにいろいろな目的のサクラがたくさん潜んでいるので、やはり守るのは自分でやるしかないのです。中高年出会いは自己責任という言葉が浮かびます。

Not Found

Sorry, but you are looking for something that isn’t here.